おむすび光師とWONBA

かずえ先生をお招きしして 仙台、山形の「おむすび光師」の皆様と

楽しい楽しいWONBA講座開催いたしました。

そもそもWONBAって?おむすび光師って何?ですよね?

少し説明しますね。

お米は日本人の主食で長年食べられてきたもの
そのお米を塩むすびにすると
塩と水のおかげでキラキラ光る光のおむすびが出来上がります。

そのキラキラおむすびを食べると日本人のDNAが当然反応しますよ

美味しいんですもの。

それでなんと言うか

落ち着き、安心、そうそう!こここ帰ってきた!
そんな感覚になるんですよ。
それが自分の元、自分軸が出来ると言われてる

光のおむすび効果なのかな?と思ってます。
(私の感覚は今ここ)

それからWONBA
womb=子宮 balloon=風船の造語で

体を温めおむすびを食べる事でできた軸を保つ運動(禅ヨガ)だそうです。

身体をほぐして、緩めて、立ち、姿勢を作り 動く
これだけ動作なのに、今までの常識とは違う新鮮な気づきがあるんですよ!

楽しくて、どこでも出来る運動なのですが
少しの時間で身体ポカポカ
骨盤底筋を鍛え 内臓も動かせるというのも納得です。
武士から口伝で伝わったという要素も入っているWONBA

日本人は良いことを沢山忘れてしまってるのかも?
勿体無い!!これは伝えねばと思って
おむすび光師として東北支部のみなさんと動き始めますね。

禅むすび ひかりのおむすび WONBAの師匠

神食師 石川 善一さんのホームページはこちら

https://peraichi.com/landing_pages/view/zenmusubi?fbclid=IwAR0fVvecF9CwzQxuxeU3rjtdnfuGqXHYBJrYyCW8_OIXI0z-Pi1fvf8vRRE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine + ten =