手からつたわるもの

おむすびも手から手へ
てくるのも手で施術をします
手を繋ぐと何かが本当に繋がるよね。
手ってそういうものだと感じるのです。

みんなで心一つにするとき、
嬉しいとき、はじめましての挨拶、
その人を讃えるとき、感謝を伝えるとき、
慰めるとき、頼りたいとき、

人は手と手を合わせる。

だから手にはなにかあるのです。

それは手も皮膚に包まれた器官であって
皮膚器官の話とも関係してくるので
それは次回に・・・

話が戻って

おむすびは手で結ぶもの
手の温もりがお米に伝わるし
手の常在菌が繋がります。

常在菌なくして本当に不要な菌に叶うわけないのです。

今朝の「おかえりモネ」を見て
京香母さんと娘たちがお弁当を結ぶほのぼのシーンでしたが
ラップでおむすびをむすんでいたんです。

私も一時期ラップでおむすび作っていましたが
今思うともったいないことをしたなぁ!と思ってます。

お母さん達につたえたい
おむすびは手で結ぼう!!

塩、水、お米だけで出来ている「光のおむすび」
食べると日本人だなー!と感じます。
心がぽっと温かくなり 中心軸が出来ます。

説明するより体験してほしい
体験を通してお米の力、おむすびの力、おいしさを
伝えたい♡繋げたい♡

10月の体験会は満員御礼!

11月は1日に行われます。

お問い合わせはDMをくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − 2 =